夏が来ますね

毛深い女性にとって憂鬱の季節が到来しました。私もそんな憂鬱な女性の一人です。自分が他の人よりむだ毛が多いなと感じ始めたのが小学校高学年でした。体育の時間に半袖短パンになった時、『私って毛が濃い…』とショックを受けたのが始まりでした。中学生になると、お風呂場でカミソリで処理をするようになりましたが、鏡にうつる自分の脇の黒いポツポツを見てショックだった事を今でも覚えています。高校生になり、バイト代で購入した脱毛器。でも濃くて太い私のむだ毛は痛みも半端なく綺麗にならなくても痛みを感じないカミソリでひたすら処理をする毎日でした。
カミソリで処理をすると困るのが翌日です。夕方には毛が伸びてくるので触ると痛いんです。だから毎晩そるしかないという感じで当時同棲をしていた彼氏の寝ている時間にお風呂場で処理をしたりたかがむだ毛の処理に相当な時間をかけていました。
結婚をしてからは昔ほど神経質にはなっていませんが、これからの時期にノースリーブを着て思いっきり手をあげる事ができず悲しい思いをしているのは言うまでもありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ